A-STAGE A-STAGE
A-STAGE
Home About Menu
About
アオリについて

はじめに・・・
大判カメラについて書かれた解説書が手に入りにくくなってきました。ジナーでも大判カメラについて解説していたクリエイティブラージフォーマットを出版しておりましたが、絶版後、かなりの年月が経ちました。
世の中、インターネットが普及し、You Tubeなどで動画がすぐに手に入るのに、なぜかアオリについて解説されているものが見つけられませんでした。
アオリの操作自体はつまみを指で回しますとカメラが連動して動きますのでそれほど難しいものではありません。
ですが、実際にどういうときにどういう操作を行えば良いのか、皆様がお知りになりたいのはそのことではないでしょうか?

アオリを使い、パースペクティブを補正したり、ピントの合う面を自在に操る。
同じアングルで同じように撮影しているはずなのに、なぜかぜんぜん違う写真になる。見ていたくなるような写真になる。
写真は人の感性で撮影するもので、その人の目に映る、心に映る風景や被写体を記録するものだと思います。
でも、普通のカメラでは、人間の目とは異なり、1つのレンズで対象をみるので撮影をした後、目で見えているのはこんなに素晴らしい光景なのに、なんで写真だとこんなふうになってしまうのだろうと、がっかりすることもあると思います。

ビューカメラは、レンズがひとつのカメラが写す違和感を取り除き、心に感じた状態を映し出すお手伝いをするための機材です。
デッサンや絵画でおなじみのパースペクティブ(遠近法)を写真上で設定することができますので、見た目に自然で心地よい写真をつくりあげることができます。
カメラのレンズがついた前フレームと、画像をとどめるフィルムやデジタルカメラがついた後フレームの位置を動かす(このことをアオリといいます)ことによって、光軸を調整し、映っている画像の水平と消失点を整えることができます。

このページでは、徐々にステップアップしながら、ジナーのアオリ機能とその効果を学べるように構成されています。

私自身、ベテランの写真家ではないので、先生方のような素晴らしいアオリ作品をつくることは残念ながらできません。
ですが、これからアオリを勉強される方には、わかりやすい解説ができるのではと自負しております。

このページをきっかけに、これから活躍される写真家の方々が生まれることを願っております。
ご不明な点や、お気づきの点、その他ご要望など御座いましたら、遠慮なくご相談ください。
できる範囲に限りがあるかもしれませんが、少しでも皆様のお役に立てるよう改善してゆきます。

* ページは徐々に更新してゆきます。もうしばらく、お待ち下さい。

 ステップ1 アオリの種類    ステップ5 スイングについて
 ステップ2 シフトについて     アオリの解説書 日本語版
 ステップ3 ライズ・フォールについて    ステップ6  「The Large Format」
 ステップ4 ティルトについて     ステップ6 「Creative Large Format / V1」
SINAR TOP/view/artec/digital/download/service/link/ PCHood TOP/1/2ABOUT
Copyright(c)2010-2017 TAKE INC. All Rights Reserved.