レンタル約款
第1条 (総則)

このレンタル約款は、株式会社テイク(以下「当社」という)とお客様間の賃貸借契約(以下「レンタル契約」という)に関し、別途に契約書類を作成しない場合に適用させて頂きます。

第2条 (レンタル商品)
当社はお客様に対し、当社がお客様に発行する『お貸し出しリスト』に記載されたレンタル商品を賃貸し、お客様はこれを賃借します。

第3条 (契約の成立)
当社とお客様との間のレンタル契約は、お客様が当社に対しレンタルサービスの利用申し込みをし、当社が承諾したときに成立するものと致します。当社は、お客様の利用申し込みに対し、お申し込み内容を審査し、場合によって一時預かり金など条件付での承諾や、レンタル日時の機材状況やお客様との条件に不一致が生じているときレンタルサービスの提供をお断りさせて頂く場合が御座います。なお、お断りした場合であっても、当社はお断りする理由を説明する義務を負わないものと致します。


第4条 (レンタル期間)
レンタル期間は『お貸し出しリスト』および、『レンタルオーダーシート』に記載する期間とします。
本レンタル約款に基づくレンタル契約は、本レンタル約款に定める場合を除き、解除等によって終了させることはできません。
お客様のご都合でレンタル開始日を過ぎてレンタル商品をお受取りになった場合、レンタル期間の変更はできないものとします。
またお客様のご都合で契約が終了した場合、レンタル料金は全額お支払いいただきます。
ただし、長期レンタルで撮影日が短くなった場合については、長期レンタルの料金を1日ずつのレンタルで計算し、差額をご返金させて頂きます。その際の判断は、当社がお客様とご相談の上決めるものとします。


第5条 (料金)
お客様は当社が定めるレンタル料金表に基づき算出したレンタル料金をレンタルお申込み後1週間以内もしくは、レンタル開始日前日までのどちらか早い期日までに当社指定の銀行口座にお振込みにてお支払いいただくものとします。状況により、事前お振込みが困難な場合、当社スタッフの承諾のうえ当社店頭にて当社に対し現金のお支払いも受け付けられるものとします。
当社が必要と判断し、レンタル条件に一時預かり金が必要な場合、レンタル製品をお貸し出しのときに、お預かりするものとします。その条件が困難な場合、事前お振込みにてお預かり金をお預かりするものとし、その際に伴う振込み手数料は全額お客様が負担するものとします。


第6条 (レンタル商品の引渡し)
レンタル商品の引渡しは当社営業日・営業時間内に当社店頭にておこなうものとします。
当社は、お客様よりご依頼頂いたレンタル商品を「お貸し出しリスト」にまとめ、レンタル商品お渡し日に、お客様もしくは、代理の方とレンタル前商品が揃っているか確認のうえお客様にレンタル商品を引渡すものとし、控えとして「お貸し出しリスト」をコピーし当社からお客様へお渡しするものとします。


第7条 (担保責任の範囲)
お客様はレンタル商品受け取り後動作チェックを行い、製品が正常に動作しない場合には速やかに当社に連絡をするものとします。また、当社は連絡を受け、機材の不具合であることを認識した場合、同等クラスの製品と交換をするよう勤めるものとします。機材の確保や時間面、コスト面で交換が困難であると当社が判断した場合には、レンタル契約を解除し頂戴したレンタル料金の一部、もしくは全額をご返金するものとし、動作不良等が原因で損害が生じても当社は一切責任を負わないものとします。



第8条 (レンタル商品の使用、保管)
1. レンタル機材の不具合の原因がお客様の使用上の不注意によって生じた損害については当社は一切責任を負わないものとします。

2. 当社がレンタルした機材は、レンタル契約を行なったお客様が利用するものとし、お客様はレンタル機材を第三者に使用させたり譲渡、質入等を行なうことはできないものとします。また、万が一、第三者による過失でレンタル機材に破損や紛失等の問題が発生した場合であっても、当社は破損や紛失等の原因である第三者にではなく、レンタル契約を結んだお客様に賠償請求するものとします。ただし、既にお客様と第三者で話し合いが終わり、円滑に交渉が進むと当社が認めた場合、当社から第三者に直接損害請求をすることも認めるものとします。

3. レンタル製品を改造して使用することは認めません。また、レンタル製品をご返却時にはレンタル開始前と同様な状態で返却するものとします。


第9条 (レンタル商品の使用義務違反)
レンタル商品がお客様の責に帰すべき事由により紛失、損傷した場合、またはお客様が当社のレンタル商品に対する所有権を侵害した場合は、お客様は当社に対して、紛失したレンタル商品の再購入代金、損傷したレンタル商品の修理代金等当社が被った一切の損害を賠償していただきます。
また、盗難にあった場合は当社へ直ちに連絡をするとともに、警察に被害届を提出し、当社に受理番号を報告することとします。



第10条 (レンタル商品の返却)
お客様はレンタル商品を「お貸し出し書」に記載する期間に基づき、レンタル期間満了までの当社営業時間内に返却するものとします。
お客様は当社の許可無く無断でレンタル期間を延ばすことはできないものとします。
当社は当社が認めた場合を除き、お客様がレンタル期間満了日を過ぎて3日以上経過した場合や、お客様が本レンタル約款に違反した場合には当社の判断で特段の通知、催告なくレンタル契約を終了することができるものとします。レンタル契約終了時、お客様は直ちに当社にレンタル商品を全部返却するものとし、延滞や違反に伴う延長料金あるいは違約金をお客様から当社にお支払いいただくものとします。
返却することが困難であると当社が判断した場合、延長料金、違約金とは別にレンタル商品と同等品を再購入するための費用を全額当社からお客様へ請求できるものとします。



第11条 (レンタル期間の延長)
お客様がレンタル期間の延長を希望なさる場合、レンタル期間が満了するまでの間にお客様が当社に連絡をし当社が認めた場合に限りレンタル期間を延長することができるものとします。延長したレンタル期間については長期割引が適用されず、延滞料金として通常のレンタル料金の1日分の料金×追加日数分をレンタル機材ご返却時に全額お支払い頂くものとします。
但し、ご返却日が当社営業日時外であり当社事情によりお客様の返却日数が延びた場合に関しては、該当する延滞料は発生しないものとし、その判断は当社が予めお客様と相談の上決めるものとします。



第12条 (不可抗力について)
当社がお客様に対しレンタル開始日までに天災、地変、火災、戦争、内乱、その他不可抗力(当社の責によらないものに限る)によりレンタル商品の納入を完了できないときは、その事由の継続する期間に限り、当社は遅滞の責を負わないものとします。
また、同様に、お客様がレンタル期間中に天災、地変、火災、戦争、内乱、その他不可抗力によりレンタル機材を返却するのが困難な状態となり当社が認めた場合、当社はその間の延滞料を請求しないものとします。



第13条 (予約取消手数料)
レンタル契約をご利用開始日の2日前以降にキャンセルされた場合、当社が定めるキャンセル料金をお客様が当社に支払うものとします。
お振込み済みの場合には、キャンセル料及び振込送金手数料を差引いた金額を当社からお客様へご返金するものとします。また、お支払いがまだの場合、お客様は当社に対し速やかにキャンセル料金を支払うものとします。

キャンセル料金は下記に定めるものとします。
ご利用開始予定日の3日以上前 無料(送金手数料は別途お客様のご負担となります。)
ご利用開始予定日の2日前          レンタル料の20%
ご利用開始予定日の前日           レンタル料の50%
ご利用開始予定当日・ご予約時間前    レンタル料の80%
ご利用開始予定当日・ご予約時間後    レンタル料の100%



第14条 (権利の譲渡)
当社は、この契約に基づく当社の権利を金融機関等の第三者に譲渡し、若しくは担保に差入れることができるものとします。


第15条 (レンタル返却時に備品を忘れた場合)
レンタル商品の返却時に、セット内容の一部を忘れた場合や紛失した場合、当社はお客様と相談の上、該当する商品の延長もしくは、商品購入請求をできるものとします。延長後、商品紛失が判明した場合、その旨をお客様から当社に連絡を入れた日までの延長料金が商品購入請求費用に加算されるものとします。



第16条 (情報)
レンタル期間中もしくはお客様より当社にレンタル商品返却後、レンタル商品の返却の理由の如何を問わず、レンタル商品の内部に記録させているいかなる情報についても、お客様は当社に対し返還、修復、削除、賠償などの請求はできないものとします。



第17条 (準拠法)
本レンタル約款の成立、効力、履行および解釈に関しては日本法が適用されるものとします。



第18条 (契約不履行)
レンタル商品の全部もしくは一部の返却が連絡なく延滞され、お客様に連絡がつかない状態が1週間以上経過した場合、もしくは、当社がお客様より機材の返却が困難と判断した場合や、延滞料・損害料をお客様に支払う意思がないと当社が判断した場合、当社は警察署に被害届を提出し、法的手続きを取ることができるものとします。


第19条 (裁判所の管轄)
本レンタル契約について訴訟の必要が生じたときは、当社の本店所在地の地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。