AWDLP310-020 AWDLP310-020
Welcome to our website.
Home トップページ About 会社案内 Menu 取り扱い製品 Map MAP メール

2012/02/23UP
 アオリ撮影(フォーカス面を調整)
 
アオリを使用して、被写体の適切な 位置にフォーカスを合わせるために、 シャインプルフの法則があります。



アオリを使用しない場合には、レンズ 面、撮像面が平行でそれと同じく被写体のフォーカス面も平行になります。

ところが、レンズ面、撮像面、そして、 フォーカスを合わせたい面が1点に交わるようにアオリますと、その面にフォーカスがくるという便利な法則です。


右の図は、画像面(CCD面やフィルム面)、レンズ面、被写体面の位置関係を図で示したものです。

一番上の画像

この位置関係は、1点ではなく、2点で 交わっています。

この状態ですと、希望した面にフォーカスは合いません。


真ん中の画像

レンズ面、撮像面、被写体の面が一点に交わっています。
つまり、

フォーカスを合わせたい面が1点に交わっています。 この状態のときに、指定した面全体にフォーカスがきま す。 フォーカス面の調整は、上下方向のティルトのほかに、 左右方向に回転するスイングを使用して調節します。 また、上級者になりますと、フォーカス面を整えなが ら、形を同時に補正するなど組み合わせて使用します。 ということは、撮影アングルを妥協しないで、希望す る位置から正確な形で、かつ、希望するフォーカス位 置で撮影を行うことができるということです。  
 
前ページ | 次ページ
SINAR TOP/view/artec/digital/download/ PCHood TOP/1/2ABOUT
Copyright(c)2010-2017 TAKE INC. All Rights Reserved.